ヒゲの永久脱毛を病院でしたいなら。メンズクリニックへ行く前に。知っておきたい基礎知識

脱毛といえば、自動的に「エステサロンでやるもの」と考えてしまう人も多いでしょう。

 

が、もう一か所、美容系の医療機関があります。早い話が病院です。名前としては、「美容外科」や「クリニック」などになっていることが多いでしょう。

 

これも元々は女性を対象に始まりました。が、最近では男性の美容への関心の高まりを受けて、男性の受け入れにも熱心なところが増えています。また、もちろん、そいうったところは、「ヒゲ脱毛」のコースも用意しています。

 

エステサロンでの脱毛との違いはいくつかあります。まず最も大きいのは、採用している脱毛方法でしょう。

 

男性のヒゲ脱毛の場合、エステサロンでは永久脱毛にはならない「光脱毛」か永久脱毛可能な「ニードル脱毛」です。

 

が、クリニックでは大半が「レーザー脱毛」です。これはおおまかな仕組みは、光脱毛と同じです。光のエネルギーを使って、毛母細胞などを焼いていきます。

 

が、使っている光の種類が違います。光脱毛は一般的な「可視光」、レーザー脱毛では特殊な「レーザー光」を使います。

 

レーザー光のほうがより正確に欲しい種類の光を作ることができます。また、この機器は医療用に開発されたものなので、医療機関でしか扱うことができません。

 

この結果、より効力の高い脱毛ができます。レーザー脱毛では可能です。

 

ただし、ニードル脱毛との比較で考えると、「細かい工夫ができない」という欠点があります。ニードル脱毛は毛穴1個ずつの処理ですが、レーザー脱毛は「直径1センチの円形」といった範囲に一度に光照射するのです。

 

病院クリニックでの医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら