ヒゲ脱毛の痛みについて

脱毛施術では発毛機能という、本来人間が持っている機能を失わせます。

 

その方法はみっつあります。が、最も基本的はところは同じです。熱を発生させたり、熱を使うことで、毛根や毛母細胞を焼いていくのです。

 

「痛いだろうなぁ」と思うほうが当然でしょう。

 

この痛みの強さは、どの方法を選ぶかでかなり、左右されます。

 

まず、最も痛みが少ないとされるのが、光脱毛です。太陽光に近い光を発生させ、そのうちの一部だけを使います。皮膚の表面はすり抜け、毛根などに含まれるメラニン色素に受け止めさせます。

 

光のエネルギーが熱に変わるのです。

 

痛みが少ないのはいいのですが、効果があまり強くないのがデメリットです。

 

これよりは痛みが強いのが、レーザー脱毛です。原理は光脱毛とほぼ同じです。が、使う光が特殊でよりパワーを持たせることができます。

 

痛みでよく説明に使われる表現が、「ぱちんと輪ゴムをお肌の上で弾いた程度」です。大抵の人はこのぐらいならば大丈夫なようです。が、個人差があります。

 

かつては主流の脱毛方法だったのに、「痛みが強すぎる」などの理由で、一部のエステサロンや美容系医療機関だけが採用しているのが、針脱毛です。

 

ワキ毛やスネ毛の脱毛ならば、あまりおすすめしません。が、ヒゲ脱毛に限って考えるならば、選択肢に残しておいていいでしょう。

 

というのは、ヒゲの場合、脱毛する範囲が狭いです。その分痛みに耐える時間も大したことがありません。

 

また、「毛穴2個につき1個だけ脱毛し、全体的に薄くする」といったことは、針脱毛でなければできません。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら