ヒゲ脱毛を行って後悔することはあるの?メリットとデメリットを比較

ひげ脱毛を受ける男性は多いですが、メリットとデメリットをしっかり理解しておかなければ後悔することになるかもしれません。

 

・ひげを剃る必要が半永久的になくなる
最近は美意識の高い男性が増えていますが、ひげ脱毛を受けると半永久的にひげを剃る必要がなくなります。
もちろん定期的に脱毛しなければ時間を置いてまたひげは生えてくるのですが、毛周期に合わせて脱毛時期を決めますので脱毛を始めてから数カ月でひげが薄くなってきたと実感することができるでしょう。

 

・カミソリ負けの心配がない
ひげ脱毛で使われるのは特殊な光を当てて毛根部や毛乳細胞などの周辺組織にダメージを与える光脱毛が一般的です。
ブラジリアンワックスによる脱毛を取り扱っている脱毛サロンもありますし、医療機関ならレーザーで毛乳細胞などを完全に破壊してしまう方法を採ることもあります。
その結果、半永久的な脱毛効果が得られるのですがこれはイコール髭剃りの回数が減るということですから、カミソリ負けしてしまう方はカミソリ負けの心配が不要となります。

 

・肌が赤くなる、痛みがある
ひげ脱毛に限らないのですが、脱毛をした後の肌の内側はやけどを負ったように炎症していますから痛みが出てきます。
もちろん施術と同時に冷却は行いますし、アフターケアでクールダウンを行いますが、それでは間に合わないことも多いです。
施術から数日は肌が赤くなった状態が続いていることが多いのは顎が骨に近く脂肪がほとんどない部分だからです。
皮膚の薄い部分ほど痛みは感じやすく、脇や足などほかの部位に比べてもその程度は強いので、施術中に痛みを感じたり耐えられないと思ったりしたらすぐに申告することが大切です。
あなたから痛いという申告があれば出力を下げてくれますので痛みを和らげることができますし、後々残る赤みも数日で消えるでしょう。

 

・ひげがほしくなっても戻らない
ひげ脱毛は半永久的にひげが生えてこなくなる方法ですから、衛生面を気にする仕事に従事している方やひげが煩わしいという方にはメリットが大きいです。
しかし流行がシーズンごとに変わるように、男性のひげの流行もシーズンごとに変わります。
ほんの少し顎ひげを生やしていることがおしゃれに見えたり、ひげがたくさん生えていた方がクリエイティブな人に見えたり、威厳があるように見えたりするのです。
ひげ脱毛をするというのはひげがほしい時にひげがないということですから、将来のことを考えてデザイン脱毛を選択するなど検討した方がいいでしょう。