こんな髭の脱毛方法は後悔することに?間違った方法とは

今多くの男性がひげ脱毛に興味を持ち、実際に自宅やエステサロン、クリニックなどで脱毛処理をしていますが、一歩間違えると大変なことになるひげ脱毛のやり方があります。

 

・脱毛ワックスを使った方法

経験者のほぼ全員が行ってはいけないというのが脱毛ワックスでひげ脱毛をする方法です。
特にクリームを塗ってシートをかぶせて引きはがすタイプのワックスは濃くて硬いひげが全部はがれることはありませんし、繰り返し使うことになります。
繰り返しワックスを使うと肌に負担がかかり、肌を傷つけてしまうことになりますので、吹き出物や肌荒れなどの原因になります。

 

・ピンセットで抜く

そり残しが目立つからと、髭剃りをした後ピンセットを使ってひげを抜く人がいますがそれはいけません。
ピンセットでひげを抜くと代謝が働き以前より丈夫で太いひげを作ろうと体は反応します。
たとえひげを抜いても毛乳頭が完全に抜ききれているわけではなく生きていますから、ひげが抜けないように命令を下すのです。
するとひげはどんどん濃くなりますし、気がついた時には脱毛処理を専門家に受けても痛みが強く何度も通わなければならないような状況に陥ってしまうのです。
とくに代謝の激しい思春期のころはこのひげを濃く強くする命令も大きくなりますのでひげの周りが青く、濃くなります。

 

・髭剃りを使う

ひげを脱毛する前に髭剃りをすると皮膚の深層部にあるメラノサイトが反応し、メラニンを作り出します。
メラニンは皮膚が傷ついたり紫外線を受けることでできるのですが、新陳代謝で通常は肌の外に排出されるものです。
ですが喫煙や食生活、生活習慣の悪化などによって肌のターンオーバーが乱れるとメラニンは肌の角質層にとどまり色素沈着を起こしてしみとなってしまいます。
するといざ脱毛を使用としても光がメラニンに反応して痛みが強くなったり、上手く処理できないことがあるのです。

 

・脱毛サロンやクリニックのはしご

早くひげ脱毛を終わらせたい、効果を実感したいと前回の脱毛から日を開けずに脱毛をすると肌トラブルの元となります。
というのも脱毛するときに一般的に広く使われる光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛は皮膚の下で炎症を起こしてしまうからです。
いずれの方法も毛根部および周辺組織にダメージを与える方法ですから熱を発生させます。
そのため皮膚の中はやけど状態となり、アフターケアでクーリングを施していても完全に癒えてはいないのです。
それなのに追い打ちをかけるように脱毛をするということは炎症をひどくすることですし、思わぬトラブルによってひげ脱毛を中断することになりかねません。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら

 

 

ヒゲ脱毛を行って後悔することはあるの?メリットとデメリットを比較

ひげ脱毛を受ける男性は多いですが、メリットとデメリットをしっかり理解しておかなければ後悔することになるかもしれません。 ・ひげを剃る必要が半永久的になくなる 最近は美意識の高い男性が増えていますが、ひげ脱毛を受けると半永久的にひげを剃る必要がなくなります。 もちろん定期的に脱毛しなければ時間を置いてまたひげは生えてくるのですが、毛周期に合わせて脱毛時期を決めますので脱毛を始めてから数カ月でひげが薄くなってきたと実感することができるでしょう。 ・カミソリ負けの心配がない ひげ脱毛で使われるのは特殊な光を当てて毛根部や毛乳細胞などの周辺組織にダメージを与える光脱毛が一般的です。 ブラジリアンワックスによる脱毛を取り扱っている脱毛サロンもありますし、医療機関ならレーザーで毛乳細胞などを完全に破壊してしまう方法を採ることもあります。 その結果、半永久的な脱毛効果が得られるのですがこれはイコール髭剃りの回数が減るということですから、カミソリ負けしてしまう方はカミソリ負けの心配が不要となります。 ・肌が赤くなる、痛みがある ひげ脱毛に限らないのですが、脱毛をした後の肌の内側はやけどを負ったように炎症していますから痛みが出てきます。 もちろん施術と同時に冷却は行いますし、アフターケアでクールダウンを行いますが、それでは間に合わないことも多いです。 施術から数日は肌が赤くなった状態が続いていることが多いのは顎が骨に近く脂肪がほとんどない部分だからです。 皮膚の薄い部分ほど痛みは感じやすく、脇や足などほかの部位に比べてもその程度は強いので、施術中に痛みを感じたり耐えられないと思ったりしたらすぐに申告することが大切です。 あなたから痛いという申告があれば出力を下げてくれますので痛みを和らげることができますし、後々残る赤みも数日で消えるでしょう。 ・ひげがほしくなっても戻らない ひげ脱毛は半永久的にひげが生えてこなくなる方法ですから、衛生面を気にする仕事に従事している方やひげが煩わしいという方にはメリットが大きいです。 しかし流行がシーズンごとに変わるように、男性のひげの流行もシーズンごとに変わります。 ほんの少し顎ひげを生やしていることがおしゃれに見えたり、ひげがたくさん生えていた方がクリエイティブな人に見えたり、威厳があるように見えたりするのです。 ひげ脱毛をするというのはひげがほしい時にひげがないということですから、将来のことを考えてデザイン脱毛を選択するなど検討した方がいいでしょう。 ≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら