針脱毛のメリット・デメリット

「針脱毛」は「ニードル脱毛」とか「電気針脱毛」などの別名があります。

 

かつては唯一の脱毛方法でした。今でも、一部の美容系医療機関やエステサロンで採用されています。

 

先端から熱が発生する細い金属棒を、毛穴1個ずつに当てていく方法です。

 

メリットとしては、まずは効果が絶大なこと。生涯にわたってヒゲやムダ毛が再生しない「永久脱毛」です。

 

また、細工が利きます。光脱毛とレーザー脱毛は一定面積を同じように光照射します。が、針脱毛ならば、対象は毛穴1個ずつです。

 

「ふたつにひとつだけ、脱毛処理して、全体的にヒゲを薄くする」、「ここまでは残して、このラインから左記は全部処理する」といったことが可能です。

 

デメリットとしては、痛みの強さ。特に広い面積の脱毛をする場合、我慢できずに途中で断念する人もいたようです。

 

また、担当者にはかなりのテクニックが必要ですし、下手な人に当たると、痛みが強かったり、処理がきれいにできない場合があります。

 

また、手間がかかる上に、担当者の育成も時間がかかるので、料金がどうしても高くなります。

 

こうやって見ると、どうしてもデメリットがメリットを上回ってしまいます。

 

が、ヒゲの脱毛に限ってみると、これらのデメリットがあまり問題になりません。というのは、脱毛面積が狭いからです。

 

痛みに耐える時間も、かかる料金も元が少ないので、多少の多い少ないが問題になりにくいのです。なので、ヒゲ脱毛では、ほかの部位の脱毛に比べ、針脱毛が今でもよく使われています。

 

絶縁針を使ったニードルのヒゲ永久脱毛にはどんなメリットとデメリットがある?
病院クリニックでの医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら