髭の脱毛で永久的に生えなくするための通う回数とは

ひげ脱毛に通うからには永久的に生えなくなるまで通いたい、と考える方も多いです。
確かにひげが生えてくるとひげ剃りや女性や周りからの印象に振り回されるなど、デメリットがありますから、ひげが完全に生えてこなくなるまで脱毛したいのは誰もが同じことです。
では完全にひげが生えてこなくなるまで脱毛するにはどのくらい通えばいいのでしょうか。

 

・永久脱毛を目指すなら皮膚科

永久的にひげが生えない状態にしたいという場合は皮膚科でレーザー脱毛を受けるのがおすすめです。
というのも医師法によってメンズエステなどではレーザーの出力の上限が定められているため、永久脱毛という言葉を使うことが禁じられているからです。
ただ脱毛サロンでも半永久的な脱毛を実現することは可能ですから、とにかくひげを目立たなくしたいという方は脱毛サロンを洗濯してもいいでしょう。

 

・1回で終わることはない

クリニックで受けてもひげ脱毛の1回で効果を発揮するのはひげ全体の2〜3割程度です。
残りのひげはまだ毛穴の中に眠っている休止期の状態ですからどんな処置を施しても抜くことはできません。
一般的なレーザー脱毛なら髭剃りがほとんどいらなくなるまでに5〜6回、ツルツルの状態になるまで10回、完璧な状態を目指すなら15回は施術が必要です。
クリニックによっては回数制限のないひげ脱毛コースを設けているところもあります。

 

・脱毛エステで光脱毛を受ける

価格がクリニックに比べると安いことから脱毛エステを選ぶ人が多いですが、脱毛エステの場合は10回くらい受けなければひげが目立たないくらいまでに減ることはありません。
ですから顎を触ってひげが触れないくらいの状態になるまでには20回ほどと考えるといいでしょう。
とことんひげを無くしたいのであればそれ以上の回数が必要です。

 

・時間はかかるが効果は高い電気脱毛

昔は脱毛と言うとニードル脱毛と呼ばれる電気脱毛が主流でしたが、これは毛穴1本1本に針を刺して電気を通し、毛根部と周辺組織を焼く方法です。
一度に処理するひげの本数が2〜3万本あるので時間はかかりますが、ほかの施術方法より通う回数が少なくなるのかと言うとそうではありません。
こちらも毛周期に合わせて何度か通わなければ休止期のひげまで処理することはできないのです。
このように、ひげ脱毛で永久的な脱毛を目指すのであれば、クリニックなら10回程度、脱毛サロンなら20回程度必要と考えるといいでしょう。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら