顎だけじゃなく頬にまで髭が生えている人の印象とは

ひげの濃淡や生えている範囲は人によって違いますから、顎の周りに集中している人もいれば頬までぎっしり生えている人もいます。
では頬までひげが生えている人は、ほかの人にどのような印象を与えるのでしょうか。

 

・不潔な印象を与えることも

 

頬までぎっしりひげが生えていると、身だしなみをきちんと整えていないと判断されることがあります。
特に就職活動をしている学生が頬までひげが生えている、ひげを剃った後があるようだと第一印象は悪いということでひげ脱毛をする人が多く見られます。
特に履歴書の写真を見たときに頬までひげが生えていると青ひげが目立ち、暗い印象や老けた印象、さらに不潔な印象を与えてしまうのです。

 

・外国人と日本人は違う

 

海外のプロスポーツ選手や俳優などを見ると頬までひげを生やしている人が多く見受けられますが、この人たちが女性からかっこいいと言われるのはひげが似合っているからです。
ひげをきれいに手入れすることができる、あるいはひげが似合う顔だちをしている場合はプラスの方向にイメージも与えられるのですが、日本人の場合頬までひげがあると自分の顔に似合うデザインをすることが難しく、相手にいい印象を与えられないことが多いのです。

 

・暗い印象を与える

 

よく漫画で泥棒が描かれるとき、頬までひげがあり暗く悪い人という印象を与えますが、生身の人間でも頬までひげがあると暗い印象を与えてしまいます。
特に写真を撮ったときにフラッシュが反射してひげを剃っていてもひげを剃った後がくっきりと映し出されますし、陰影がついて顔全体が暗く見えてしまうのです。
頬までひげが生えている人の大半は鼻の下や顎、もみあげまでぎっしりとひげが生えていることが多いので、顔の上半分と下半分の色の違いから余計に暗く見えてしまいます。
そうすると顔の印象が暗い人とは仕事をしたくない、配属部署は内勤になど判断されてしまうことも多いのです。

 

・老けた印象を与える

 

女性はよく実年齢より若く見られると良いと言いますが、男性も実年齢より若く見られた方がフレッシュで新人教育などの場面でも上司が育てようという意欲を掻き立てられることが多いようです。

 

ひげが頬まであると実年齢よりも老けた印象を与えてしまい、会う人にいいイメージを与えることは難しいです。
頬のひげはこのように相手にいいイメージを与えることがほとんどありませんし、処理するのが非常に難しいものです。
そのためひげ脱毛を受けて頬のひげを目立たなくさせる、あるいは半永久的に生えてこないようにすると言う人が今急増しています。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら