メンズのヒゲ脱毛…施術してくれるスタッフの性別は選べるの?

「脱毛の施術を担当するのは、どういった人たちなのか」というのは、気になるところですよね。

 

中には「担当者が女性だったら、少し気を使うかも」、逆に「男の担当者に皮膚を触られるのは、抵抗があるかなぁ」という人もいるでしょう。

 

男女のどちらがいいかの希望を聞いてもらえるかどうかは、そのお店の方針次第です。

 

希望がある人は、契約をする前のカウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。

 

ただ、エステサロン・脱毛サロンの場合、一般的には、その日の勤務者の中から、手の空いている人が順番に出てきます。

 

つまり、「だれが担当するか」「それが女性か男性か」はその時次第、ということになるでしょう。

 

男性向けのサロンであっても、スタッフは女性が多いです。かなりの確率で、女性になるでしょう。

 

また、一部のサロンですが、「チーム制」や「担当者制」をとっていることがあります。

 

チーム制の場合、メンバーが固まったチームが担当します。

 

施術をしてもらう相手は、必ずそのメンバーのうちの一人です。

 

担当制の場合は、いつも同じ人になります。

 

ただし、その人の勤務日・勤務時間に合わせて予約を入れる必要が出てきます。

 

「担当者との相性が悪いような気がする」「施術のスキルがあまり高くないようだ」といったようなことがあれば、ほとんどのところで担当者の交代はしてもらえるようです。

 

そう聞くと、多くの人は、「担当者制のところがいい」と考えそうです。

 

ただ、お店の側にすると、スタッフの数もたくさん必要ですし、勤務に無駄も出てきます。

 

つまり、コストアップにつながります。それは料金にも反映します。

 

つまり、「安い料金のお店がたくさんあるのは、担当者制にこだわっていないから」「担当者制のところは料金が高め」ということがいえます。

 

これが医療機関(美容外科、美容皮膚科、美容クリニック)になると、いくらか事情が異なります。

 

まず、担当者は必ず医師です。

 

脱毛に使用するレーザー機器は医療用に開発されたものです。医師免許を持っている本人か、その指示を受けた看護師しか機器を操作してはいけないことになっているのです。

 

その医師は、ほかの診療科よりは女性が多めなものの、ほとんどが男性と考えていいでしょう。

 

サロンと違って、担当者制を用意しているところはほとんどありません。

 

ただ、「担当者制」という名前にはなっていませんが、「カウンセリングから、施術まで、すべてを院長一人が担当します」というのをセールスポイントにしているようなところはあります。

 

カウンセリングと施術が違う人であったり、施術を担当する人が何人かいても、引き継ぎはきちんとされているはずです。

 

ですが、やはり同じ人がずっと見てくれる方が安心感が高いのは間違いないでしょう。

 

ただ、医療機関の場合、多くのところで、エステサロンほどには経営規模が大きくないです。担当者となる医師の数もそうはいません。

 

たとえ担当者制はなくても、サロンのように、「行く度に施術を担当する人が変わる」ということはないでしょう。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら