毎日やってるカミソリによるヒゲ剃り、どんなデメリットがある?

普段のヒゲのお手入れはカミソリで済ませている人も多いでしょう。

 

毎日のことなので、不都合も疑問も感じていないかもしれません。

 

ですが、改めて見直してみると、デメリットがたくさん出てくるはずです。

 

たとえば、皮膚を荒らしているような人はいないでしょうか。特に敏感肌などの問題がなくても、ダメージは与えています。

 

というのは、カミソリの場合、きれいにヒゲだけをカットしているわけではありません。同時に、皮膚の表面の角質層も削っています。

 

この角質層は、皮膚の表面でバリア役をしています。外からくる刺激や有害物質を防ぎ、中からは水分が蒸発しすぎるのを防いでいます。

 

それがダメージを受けるのですから、皮膚にいいわけはありません。

 

このままでも特にトラブルと感じていない人であっても、ひょっとしたら、あなたの皮膚は本来は、もっとコンディションがいいのかもしれません。

 

もちろん、時間と手間もセーブできます。

 

普通ならば、朝の忙しい時間に、カミソリを手にしなければなりません。

 

脱毛を済ませていれば、その分の時間はほかのことに回せます。もう少し寝ていてもいいですし、朝食をゆっくりと取ることに使ってもいいです。

 

1日あたりにすれば、わずかな時間かもしれませんが、これから先の人生の分をトータルすると、相当な長さの時間になるでしょう。

 

また、中には「朝、ちゃんとひげをそったのに、午後になるとほおにコケのような色が浮かんでくる」といった人もいます。

 

いわゆる「青ヒゲ」です。

 

無精なわけでもないのに、「ズボラ」「不潔」と見られてしまいかねません。

 

ビジネスマンや客商売であれば、仕事にも差し支えるでしょう。

 

これも脱毛を済ませていれば解決です。毛根からなくなりますので、青ヒゲが浮かんでくることもなくなります。

 

一方、脱毛の側のデメリットとして、「脱毛サロンなどに通うのにお金がかかる」があります。

 

ですが、本当にそうでしょうか?

 

カミソリだって、けっこうお金がかかっています。

 

カミソリは消耗品です。刃が鈍ってくれば買い替えです。シェービングクリーム、アフターシェーブローションにもお金がかかっています。

 

これらのお金は、これからずっとかかり続けます

 

しかも「切らさないように」と気も配らなければなりません。

 

脱毛の場合、どの方法にするか、皮膚のどれだけの範囲をやるかにもよりますが、10万円かそれ以上かかるでしょう。

 

でも、これは1回きりです。

 

と考えると、「一気にお金をかけてしまうか。小さい金額を、だらだら出し続けるか」の違いでしかないことに気がつくでしょう。

 

脱毛してしまうと、もうヒゲのことを忘れていいようになるのは、なによりも大きなメリットです。

 

「大事な商談があるのに、うっかりお手入れするのを忘れた」「そり残しがあって、恥ずかしい思いをするかも」といった心配からもすっかり解放されます。

 

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら