絶縁針を使ったニードルのヒゲ永久脱毛にはどんなメリットとデメリットがある?

もっとも一般的な脱毛方法は、「フラッシュ脱毛(光脱毛、IPL脱毛)」です。

 

エステサロンの脱毛コース、脱毛サロンでは、ほぼこの方法です。また、一部の医療機関(美容皮膚科、美容外科、美容クリニック)でも採用されています。

 

次が「レーザー脱毛」です。

 

医療用の機器を使いますので、エステサロンなどではやることができません。医療機関限定です。

 

そのため、フラッシュ脱毛ほど一般的ではありません。ですが、フラッシュ脱毛よりも効果は協力です。これも有力な選択肢です。

 

ニードル脱毛(電気針脱毛)

もうひとつ、「ニードル脱毛(電気針脱毛)」があります。

 

かつてはこの方法しかなく、エステサロンでも医療機関でも採用されていました。

 

毛穴の大きさに合わせた極細の金属棒(絶縁針)を、毛穴ひとつずつに当てていきます。その金属棒の先端からは熱が発生し、これで毛根や毛母細胞を焼いていきます。

 

すべて手作業です。脱毛したい部位の毛穴の数だけ、この作業を繰り返します。

 

「担当者には特別なスキルが必要」「痛みが強い」「料金が高い」などのデメリットがあって、あまり見られなくなってしまいました。

 

特に問題になるのは、痛みです。

 

全身脱毛など、脱毛の範囲が広く、回数も多くなる場合、「あまりの痛さで、途中でやめてしまった」といった人がけっこういました。

 

人気がないのも、無理がないかもしれません。

 

ところが、男性のヒゲ脱毛に限っていえば、脱毛サロンでも医療機関でも、まだまだこのニードル脱毛を行っているところがあります。

 

ヒゲの場合、脱毛する面積が狭いので、「痛みが強い」といっても耐える時間は短くてすみます。

 

また、同じ理由から、料金もほかの部位に比べたら、もともと安めです。高い安いもそうは気にならなくなります。

 

デメリットがなくなるわけではありませんが、いくらか軽くて済むのです。

 

また、特にヒゲ脱毛の場合に、「これでなければ」というメリットがあります。

 

ヒゲ脱毛の場合、お客さんの要求はかなり多様です。

 

「全く生えなくするのではなく、薄くするだけでいい」「気に入ったデザインのヒゲにしたい。そのため、生えるところと生えないところの境目をしっかりと付けたい」といったようなことを考えている人もいるでしょう。

 

薄くしたいだけの場合は、「毛穴のふたつにひとつだけ脱毛する」、デザインの場合も、「このラインに沿って、生える方と生えない方を分ける」といったことが、毛穴ごとに処理するニードル脱毛ならば可能です。

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合、2センチ×3センチといったような面積を一編に光照射で処理します。細かい処理は無理です。

 

こだわりの処理方法が必要な人は、ニードル脱毛もぜひ検討してみましょう。

 

脱毛サロンと医療機関とでは、使う絶縁針の種類がやや異なります。

 

また、料金は高くなりますが、医療機関であれば、麻酔を使って、痛みを和らげることもできます。

 

ヒゲの針脱毛のメリット・デメリット

 

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら