メンズヒゲ脱毛をするとモミアゲからアゴにかけての青ヒゲが解消される?

青ヒゲに悩んでいる人も、ヒゲ脱毛はおすすめです。

 

いくらかの費用と、脱毛サロンなどに通う手間はかかります。ですが、それさえ済ませてしまえば、これから後の人生は、青ヒゲの問題から解放されます。

 

青ヒゲの対策は自分ではできません。それは、単に「ヒゲが濃い」というだけの問題でもありません。

 

黒いはずのヒゲが青く、まるでコケでも生えているように見えるのは、そった跡に残ったヒゲの根元が、皮膚を通して外に見えているからです。

 

皮膚の色と、ヒゲの色が交じり合って、青っぽかったり、緑色に見えるわけです。

 

色の白い人のほうが、深刻です。色が黒ければ、透けてきません。そもそも周りの色と溶け込んで目立ちません。

 

「深ぞりが利く」というようなカミソリや電気シェーバーを青ヒゲ対策として使っている人もいるでしょう。

 

確かに、そった直後はいくらか「コケ」が薄くなったように感じるかもしれません。

 

ですが、半日もたたないうちに、また色が目立ってしまいます。毛穴の中で、少しでもヒゲが育つと、また見えてしまうのです。

 

ムキになって、さらに深ぞりをしたり、一日に何回もヒゲそりを繰り返してしまうと、今度は皮膚を傷めてしまいます。

 

根本的な解決には、毛根からいじらないとダメなのです。それには、「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」のどれかをするしかありません。

 

「フラッシュ脱毛」と「レーザー脱毛」では、光を毛根や毛母細胞に当てます。光のエネルギーが熱に変わり、毛根などにダメージを与えます。

 

「ニードル脱毛」では、先端で熱が発生する極細の金属棒を直接毛穴に当てます。

 

これでもう、ムダ毛の根元が、皮膚から透けて見えることもありません。毛根自体がなくなります。

 

また、毛根がなくなることから、毛穴自体も小さくなります。「お肌がスベスベになる」ということです。

 

かつては、青ヒゲぐらいならば、逆に「男らしい」としてプラスに考える人もいたかもしれません。

 

ですが、今は男性にも清潔感が求められています意外に厳しい目が向けられています。

 

青ヒゲをそのままにしていると、「不潔」と見られるだけではありません。

 

せっかく毎日ヒゲそりをしているにもかかわらず、「手入れしていない。ずぼらな人間」と誤解されて、人格までマイナスに評価されてしまう可能性まであります。

 

特にビジネスマンや客商売をしている人には、放置しておけない問題です。

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら