病院クリニックでの医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛と光脱毛はとても良く似た脱毛方法です。

 

レーザー脱毛の仕組み

どちらも皮膚の上から皮膚の表面はする抜けるような性質の光を照射します。で、毛根や毛母細胞に含まれるメラニン色素にこの光を受け止めさせます。メラニン色素は黒や茶色なのでこんなことが可能なのです。

 

で、光のエネルギーが熱に変わり、メラニン色素を焼いてしまいます。すると、同時に毛根なども焼けてなくなる、という仕掛けです。

 

光脱毛と違うところ

違いはといえば、使う光です。

 

光脱毛
光脱毛の場合、可視光といって、太陽光線に近い性質の光を発生させます。それをフィルターを追加させることで、必要な性質の光だけを皮膚に当てます。

 

レーザー脱毛
一方のレーザー脱毛は最初から必要な性質の光だけを発生させることができます。そのため、無駄がなく、脱毛効果の高い光を照射することができます。

 

メリットとデメリット

レーザー脱毛を光脱毛と比べた時のメリットとデメリットです。

 

メリットの第一は、効果の高さ。光脱毛は「永久脱毛」ではありません。が、レーザー脱毛は生涯にわたって、二度と生えてきません。また、施術回数も少なくて済みます。

 

担当者は必ず医師です。これはレーザー機器は医療用のものなので、ほかの人は扱う資格がないのです。ですから、もし、ヤケドなどのトラブルがあっても、その場で治療に移ることができます。

 

ただし、これはデメリットと抱き合わせです。レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができず、料金も高くなります。

 

また、効果が高い分お肌への負担も大きめです。

 

参考
ヒゲの永久脱毛を病院でしたいなら。メンズクリニックへ行く前に。知っておきたい基礎知識
髭のレーザー脱毛での麻酔ってどんな感じ?

 

ヒゲの針脱毛のメリット・デメリット
絶縁針を使ったニードルのヒゲ永久脱毛にはどんなメリットとデメリットがある?

 

≫≫ヒゲ脱毛おすすめのエステ、病院ランキングはこちら